ブリジギングのPEラインとリーダーについて

ラインとリール ブリジギングの生命線ともいわれるのがPEラインとリーダーです。このページでは10kg級のブリを想定したラインとラインシステムを紹介しています。

ブリジギングにおけるPEライン

 左に紹介しているジグマン X4 2号は私がブリジギングのときにいつも使っているものです。2号で心配な方は当然3~4号を使うと良いと思います。上級者でゲーム性の高いブリジギングをしたいというのであれば細くても面白いとは思いますが、乗り合い船のときは他人に迷惑をかける恐れがありますのでオススメしません。

 200~300m巻いていれば十分ですが、ライントラブルを考えるのであればストックか、替えスプールを用意しておきたいところです。

一般的なPEラインの選び方

 上でも紹介したように基本的にブリジギングでは3~4号くらいのPEラインがオススメとなっています。製品によっては非常に細くても同じくらいの強さを維持しているものもありますので、2号でも大丈夫なこともあります。

ブリジギングにおけるショックリーダー

 こちらで紹介しているバリバスのショックリーダーも私が使っているナイロンのショックリーダーです。一般に30~40lbのものが推奨されていますが、私は30lbを愛用しています。状況によっては60lbまでのものを使います。

 サワラが混ざるようなときはフロロカーボンラインの40lb以上じゃないと歯でスッパリ切られることもありますので、何が釣れているのか船長に事前に聞いておく方が良いと思います。

ナイロンラインとフロロカーボンラインの使い分け

 基本的にはナイロンラインの方がしなやかで扱いやすいのでオススメです。全体的に伸びが良いのでブリの強烈な引きを和らげるクッションの役割もあります。基本的にはこのナイロンラインを使用しておくと間違いがないというわけです。

 フロロカーボンラインを使う状況としては上でも紹介したように、歯の鋭いサワラやタチウオが回っているようなときや根ズレしやすいようなポイントを攻めるときは磨耗耐性のあるフロロカーボンラインがオススメとなります。

ラインシステムについて

ラインシステム  リーダーの太さはメインのPEラインの2~3倍程度が一般的とされていて、長さは3~5mが平均的です。PEラインとリーダーを結ぶ方法はいくつもありますが、自分が確実にできるものを1つしっかり覚えていればそれだけで十分です。あれもこれもできなければならないわけではありません。ちなみに私はノーネームノットしかできませんが、11kg級のブリでも十分戦えましたよ。
 (※ノーネームノットはこちらのサイトで紹介されています。)

カテゴリー一覧

ブリの生態を知る

ブリのタックルを知る

ブリを釣るテクニックを知る

ジギング船の基礎知識

船酔い対策について

Page top icon