ジギングの大敵!船酔いの対策法

船の波 そもそも、船酔いはなぜ起こるのでしょう?船酔いの原因として考えられているのが”自律神経の乱れ”なのです。

 脳は、目から得た情報耳から得た情報(平衡感覚)身体を動かす筋肉の情報の3つをすばやく判断し、体の位置やバランスを認識しています。

 しかし、船に乗って、波に揺られると、普段の視覚、平衡感覚、身体バランスとは異なる状態になり、それぞれの情報をうまく統合できなくなります。これが船酔いだと言われています。

耳には平衡感覚を認識する器官がある

 耳の一番奥のには平衡感覚をつかさどる三半規管と前庭器官があります。難しいことは書きませんが、体の動きやスピード、傾きなどを感じる器官で、これらの器官が敏感であればあるほど、脳へとたくさんの情報が送られることになります。

船酔いは、平衡感覚の敏感さ故のデメリット

耳と船酔い  しかし、あまりに多くの情報を送られすぎると、脳の方で視覚情報と身体バランス情報をうまく処理しきれず、パンクしてしまいます。これが船酔いの始まりになると考えられていて、平衡感覚を感じ取ることに敏感な人ほど多くの情報を脳へと送ってしまい、パンクしてしまうと考えられています。

ガソリンや廃煙においで船酔いしてしまう

 バスや車のにおいがどうしてもダメで車酔いをする方がいるほどなので、特定のにおいは酔いを誘発する原因になっていることは明らかですよね。船の廃煙のにおいも十分気分が悪くなるにおいです。そもそも廃煙自体体に良いものではありませんしね・・・。

においの経験がまた船酔いを呼び寄せる

船の排気ガス  一度でも船酔いを経験している人が、船のガソリンのにおいや廃煙のにおいを嗅げば、以前船酔いしたときのことを思い出し、心理的に不安定になることがあります。においそのものが直接気分を悪くさせることもあるのですが、以前の記憶から船酔いを誘発することもあるのです。

 心理的な問題なのかもしれませんが、イヤなにおいを嗅がないようにすることも意外と大切な要素だと思います。

カテゴリー一覧

ブリの生態を知る

ブリのタックルを知る

ブリを釣るテクニックを知る

ジギング船の基礎知識

船酔い対策について

Page top icon