船酔いを3分で撃退できるかもしれない方法

 最初に断っておきますが、私はこの方法をやったことがありません!!というより、私自身は船酔いをしない人間なので、試しようがありません、すみません・・・。

 でも、テレビで船酔いの実験をしていたのを観たのですが、面白いくらいに皆さんの顔色が良くなっていました。ヤラセとはとても思えないくらいの効果だったように思うので、その方法を書いてみたいと思います。

船酔いし始めたらトウガラシを食べる

トウガラシ 船酔いし始めたと感じたら、できるだけ早くトウガラシを食べると効果があるみたいです。船酔いしているところ、さらに辛くなって余計に気分が悪くなりそうだなと思ってみていたのですが、意外や意外、3分後にはみなさんの顔色が良くなってて、船酔いの気分の悪さもなくなったと、インタビューに答えていましたよ、笑。

注意点1-酔い始めの早期に対策をすること

船酔いの吐き気  いくらなんでも完全に船酔いで弱ってしまった方を元気にするほどの力は無いそうなので、あ、これは酔うかも!?と感じた早い段階でトウガラシを食べる必要があるようです。手遅れになる前に挑戦してみてくださいね。

注意点2-やっぱり辛いんです!!

水分補給  船の上では新しく水分を購入したりすることがほぼできません。あまりのトウガラシの辛さによって、貴重な水分をがぶ飲みしてしまうことになると思いますので、挑戦する方はぜひとも水分を多く用意しておくようにしてください。冬場だとまだしも、夏場だと熱中症なんかにも注意が必要ですね。

トウガラシ効果のメカニズムとは!?

 少し難しい話をざっくり紹介しているので、多少の違いはあるところなんですが、その辺りは無視して読んでくださいね、苦笑。

神経細胞  人間の神経系は交感神経と副交感神経の2種類に大別されているんですが、これらの神経系は、どちらかが優位になることで人間の気分や行動を支配しています。

 この船酔い状態に関していえば、副交感神経系が優位になっている状態であるので、この状態を逆転させれば船酔いが抑えられるかも!?という理論だそうです。

トウガラシの辛味成分に希望あり!

 トウガラシには辛味成分のカプサイシンという物質が含まれているのですが、これが交感神経をダイレクトに刺激するのだそうです。これによって、副交感神経優位の状態を一気に逆転させ、交感神経優位の状態に無理矢理替えてしまうわけなんです。これが、トウガラシ効果の船酔い抑制メカニズムだそうです。

カテゴリー一覧

ブリの生態を知る

ブリのタックルを知る

ブリを釣るテクニックを知る

ジギング船の基礎知識

船酔い対策について

Page top icon