ブリ狙いとハマチ狙いではアクションが違う!

ジャーク  ハマチとブリでは誘い方が異なることが知られています。ハマチはどちらかというと好奇心の強い感じのタイプなので、ハイピッチジャークやジャカジャカ巻きなどスピードのある細かなジャークが必要になるのです。それとは逆にブリクラスにもなると比較的スローからミディアムテンポのスピードで、ロングジャークが有効なことが多くなります。何故スローが良いのかは良く分かっていませんが、これが一般的なようですね。

注意!何でもかんでもスローが良いわけではない!

 ただ、何でもかんでもスローが良いかというとそうでもないみたいで、地域性というものなのか、船長の好みというべきなのか、本当に多様な狙い方がジギングには存在します。このページではその内のいくつかのアクションを紹介してみたいと思います。

ブリジギングでの1ジャーク2リトリーブ

底から20mが勝負  こちらの誘い方が一番一般的なものだと思われます(色々な書籍に載っていることが多いので)。ブリだったり、ベイトフィッシュの魚探の反応が底付近から中層くらいまでまばらに点在しているときなんかに一番多用される基本中の基本のアクションですね。

 私の場合ですが、ジャークを2~3回入れた後で0.5~1秒くらいポーズを入れるようにしています。ジャークのスピードもそれほどキビキビしたスピードあるものじゃなくても大丈夫です。イメージとしてはトーン、トーン、トーン、ストップ!!みたいな感じですね(文章じゃすごく表現しにくい、笑)。もちろん、ポーズの長さやスピードは釣り人の腕の見せ所です、色々試して正解を探してください!!

注意!ハマチ狙いではスピード重視!

 ハマチ狙いのときはブリ狙いとは異なり、スピード重視のキビキビしたものが必要となってきます。ポーズもとらなくても良いくらいにジャカジャカ巻いてアクションを付けてあげて下さい。

スローロングジャーク

スローロングジャーク  ブリやメジロ限定で狙うのであれば、スローロングジャークのみで誘うというのも一つの作戦です。その名の通り、あまりキビキビとしたアクションではなく大きくしゃくり上げるような感じのアクションをつけます。逆に難しくなるのですが、メリハリがない程度にジャークをつけるのがミソです。

 魚探の反応にもよるのですが、ブリ狙いでは一般に底から20mまでを徹底的にスローロングジャークするのが良いと言われています。関西方面ではこんな感じの誘い方なんですが、仙台の方では似た追うなアクションでノタノタバーチカルという誘い方があるみたいです。こちらの方は徹底して底を攻めるため、底から5m以内で勝負して何度も底取りをする釣り方だそうです。関西方面でもやってみたら面白いのかもしれませんね~。

※2015年追記※ 昨今流行のスロージギングとかと近からず遠からずという感じがします。スロージギングを知りたい方はこちらのサイトにまとめていますので、よろしくお願いします。

個人的な感覚ですが・・・

 ブリはフォール中のアタリを除けば、着底から2アクションまででドシンと重いアタリがあるように思います。着底後の立ち上がりの瞬間が勝負なんじゃないかと思っています。これも底中心に魚探の反応が強い場合ですけどね。

チョンチョン引き

チョンチョン引き  チョンチョン引きと表現しましたが、ヒラを打ちやすいタイプのジグを使ってこちらも底付近を攻める場合の誘い方です。こちらも底から中層付近までの誘いがメインとなります。(上へ上へ誘うよりも、狙いのタナで左右に誘うイメージ)

 ヒラリ、ヒラリ、ヒラリ、ストップ。という感じのイメージですが、状況によっては、ヒラッ!ヒラッ!ヒラッ!ストップ!とキビキビ動かす方が良い場合もあります。この辺はその日の状況次第ですね。※この誘い方はジグがヒラを打つジグでないとできない誘い方です。

トロトロイカパターン

トロトロイカパターン  こちらの釣り方は、何とも釣りをしているのかどうかよく分からなくなる誘い方でして、個人的にはあまり好みの釣り方ではありません、笑。でも、ブリにも有効ですし、その他の底物系の外道さんたちがよく釣れる釣り方なので、知っておいても損はないと思います。

 ジグが着底したら、モゾモゾとジグを巻き上げるような感じです(ジャークという感じではない)。そして、ストップさせる。何ともよく分からない釣り方なんです。イメージとしては弱ったイカ・・・なのかな??

カテゴリー一覧

ブリの生態を知る

ブリのタックルを知る

ブリを釣るテクニックを知る

ジギング船の基礎知識

船酔い対策について

Page top icon