油断大敵!フォール中もブリはジグを見ている!

フォーリング  ジギング初心者はジグがフォール中のアタリをまったく意識していないと思います。しかし、ジギング中級者もこのフォール中のアタリがくることを忘れがちなのです。(はい、すみません、私自身、忘れがちなんです)

 さて、一口にフォーリングとは言っても、どうするのでしょうか??実際に体感すると分かるのですが、フォール中のアタリは感じにくいのです、かなり難易度が高いです。このページではそんなフォーリングの基本を紹介していきたいと思います。

ジギングのフォーリングの注意点

 まずは、フォーリングのときのラインスラッグ(糸フケ)はできる限り抑えるようにしたいところです。スピニングリールでのフォーリングはフリーフォールとは言いつつも、ある程度は指でラインを押さえて糸が出て行くのをコントロールしてやらないと必要以上にラインが出て行き、ジグも想像とは違うところへ着底してしまいます。

ラインスラッグ(糸フケ)があるとアタリは取れない!

糸フケのイメージ図  この図は私がかなり適当に書いた図なので、イマイチ伝わらない感があるのですが、このラインスラッグ(糸フケ)部分は潮の流れやポイントの深さによっても変わります。ラインが出るのをコントロールしたとしても、状況によっては10m~30mくらいは出て行くと思っていないといけません。(コントロールしなければ際限なく出て行きます)

 ラインスラッグが多ければ多いほど、ブリがジグを咥えてから手元にアタリを感じるまでの時間が長くなります。つまり、アタリを逃しやすくなるわけですね。

キャスティングからのカーブフォール

イワシボール シーズン真っ最中に、狙って行ってもなかなかお目にかかれないのですが、イワシの群れをブリが追い回し、ナブラができるときがあります。こういうシーンに出くわすと、キャスティングをする必要が出てきます。(別に必須じゃないですが、挑戦しないのはもったいない)

 キャスト後、着水と同時にリールのベールを返し、ラインを張った状態で水深10mくらいまでカーブフォールさせます。

 運が良ければこの時点ですぐにアタリがありますし、なければ潜った状態からリーリングで狙うことができます。ナブラの起こっている時間は短いことが多いです。良くて3キャスト悪ければ1チャンスもないこともありますので、一球入魂でチャレンジしてみてください。

ヒラを打ちながらフォーリング

タングステンのジグ  これは人間のテクニックうんぬんではなくて、表面積の大きいジグを使用することで生み出すことができるアクションです。スパイラルフォールするものや、ウォブリングしているように落ちるものなど、ジグの形状やメーカーの狙いによって様々なものが発売されています。(※ちなみに画像のジグは、すみません、ヒラを打たない感じのジグです、笑)

 但し、ヒラを打つ分、目的のタナに到達する速度は下がってしまうというデメリットがあります。タナがベタ底と分かっているときはこういうジグよりも細く、リアバランス(後方が重い)ジグを使用する方が効率が良いです。

カテゴリー一覧

ブリの生態を知る

ブリのタックルを知る

ブリを釣るテクニックを知る

ジギング船の基礎知識

船酔い対策について

Page top icon